RANKING トレンドランキング

シングルCD

シングルCD

2018.2.1 up

売上BEST5

新星堂 京阪 モール店調べ 集計期間:2017/12/28(木)~1/25(木)

  • NO.1

    KinKi Kids『DESTINY/Topaz Love』

    1,400円+税 [ソニー]

    KinKi Kids、通算21年目のスタートを飾る39枚目となる今作は、TVアニメ『タイムボカン逆襲の三悪人』の第2クールエンディングテーマと第1クールオープニングテーマを収録するDouble A-side Single!「Topaz Love」は、「Family ~ひとつになること」以来約7年ぶりの、ふたり書き下ろしによるKinKi Kidsの王道とも言えるアッパーだけれど切ないラブソング。対照的に「DESTINY」は、同じラブソングでもJazzyでROCKなサウンドに2人の歌声が絶妙に絡みあう力強さ溢れる楽曲。

  • NO.2

    NEWS『LPS』

    1,400円+税 [ソニー]

    "愛・平和・笑顔" をテーマにした本作は、NEWSシングル史上最も"ピース"な一曲。タイトルは"Love・Peace・Smile"の略語である『LPS』!メンバー4人の歌声を生かしたマイクリレーは、グループの2018年最新サウンド。この冬、NEWSが贈る、等身大で暖かな応援歌。

  • NO.3

    欅坂46『風に吹かれても』

    1,528円+税 [ソニー]

    大ヒット中のファースト・アルバム『真っ白なものは汚したくなる』から3カ月。初の全国ツアーを経て更に成長を遂げた欅坂46の通算5枚目のシングル!

  • NO.4

    B.A.P『HANDS UP』

    1,250円+税 [キングレコード]

    完成されたパフォーマンスで人気の実力派グループ、B.A.PのJAPAN 9thシングル。
    「HONEYMOON」は、口笛とリフレインが印象的な楽曲で、B.A.Pの新たなサウンドを開花させた。ビジュアル・イメージも、神秘的な大人の男性美へと変化。メイン・ヴォーカルデヒョンは初のミュージカルに挑戦中。メンバーそれぞれ新たなソロ活動にも取り組んでいる

  • NO.5

    Hey!Say!JUMP『White Love』

    1,250円+税 [ソニー]

    2017年12月、聖なる季節に届いた"4分間の魔法"。Hey! Say! JUMP史上最も強くて愛おしいラブソング誕生!メンバーの知念侑李が出演する映画『未成年だけどコドモじゃない』主題歌になっている「White Love」は、恋の始まりのキラキラが冬の空を舞うようなアップテンポのメロディーに乗せて、運命の人への強くまっすぐなメッセージが歌われた永遠のラブソング。

2018.2.1 up

スタッフのオススメ

STU48『暗闇』

STU48『暗闇』

瀬戸内7県を拠点とする国内6番目のAKB姉妹グループとして2017年に誕生したSTU48のメジャー・デビュー・シングル!付属のDVDには表題曲のミュージックビデオに加え、彼女たち自身、初めてのオリジナル楽曲である「瀬戸内の声」のミュージックビデオも初収録。また瀬戸内7県ツアー ≪~はじめまして、STU48です。~≫を余す所無く収めた7タイプ合計約7時間もの連続長編ライブドキュメンタリーシリーズを各タイプに収録!