RANKING トレンドランキング

文庫本

文庫本

2017.11.1 up

売上BEST5

紀伊國屋書店・紀伊茶屋 京阪 モール店調べ 集計期間:2017/10/1(日)~10/31(火)

  • NO.1

    ナミヤ雑貨店の奇蹟  東野圭吾

    680円 [KADOKAWA]

    悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。廃業しているはずの店内に、突然シャッターの郵便口から悩み相談の手紙が落ちてきた。時空を超えて過去から投函されたのか?3人は戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くが…。
    次第に明らかになる雑貨店の秘密と、ある児童養護施設との関係。悩める人々を救ってきた雑貨店は、最後に再び奇蹟を起こせるか!?
    2017年9月より映画公開中。

  • NO.2

    サラバ! 上・中・下   西加奈子

    上 630円 中 620円 下 610円  [小学館]

    サラバ—その力の途轍もなさに彼はまだ、少しも気づいてはいなかった。
    1977年5月、圷歩(あくつあゆむ)は、イランで生まれた。 父の海外赴任先だ。チャーミングな母、変わり者の姉も一緒だった。
    イラン革命のあと、しばらく大阪に住んだ彼は小学生になり、 今度はエジプトへ向かう。 後の人生に大きな影響を与える、ある出来事が待ち受けている事も知らずに――――。
    「さくら」「あおい」「きいろいゾウ」のベストセラー作家が、 作家生活十周年を記念して放つ記念碑的長編!

  • NO.3

    日の名残り  カズオ・イシグロ 土屋政雄

    760 円 [早川書房]

    2017年度ノーベル文学賞受賞作家カズオ・イシグロの代表作。
    品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。
    美しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。長年仕えたダーリントン卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々―過ぎ去りし思い出は、輝きを増して胸のなかで生き続ける。
    失われつつある伝統的な英国を描いて世界中で大きな感動を呼んだ英国最高の文学賞、ブッカー賞受賞作。

  • NO.4

    砂漠  伊坂幸太郎

    722円 [実業之日本社]

    仙台市の大学に進学した春、なにごとにもさめた青年の北村は四人の学生と知り合った。少し軽薄な鳥井、不思議な力が使える南、とびきり美人の東堂、極端に熱くまっすぐな西嶋。
    麻雀に勤しみ合コンに励み、犯罪者だって追いかける。一瞬で過ぎる日常は、光と痛みと、小さな奇跡でできていた―。
    実業之日本社文庫限定の書き下ろしあとがき収録!明日の自分が愛おしくなる、一生モノの物語。

  • NO.5

    ナラタ-ジュ  島本理生

    600円 [角川書店]

    お願いだから私を壊して、帰れないところまで連れていって見捨てて、あなたにはそうする義務がある―大学二年の春、母校の演劇部顧問で、思いを寄せていた葉山先生から電話がかかってきた。泉はときめきと同時に、卒業前のある出来事を思い出す。後輩たちの舞台に客演を頼まれた彼女は、先生への思いを再認識する。そして彼の中にも、消せない炎がまぎれもなくあることを知った泉は―。
    早熟の天才少女小説家、若き日の絶唱ともいえる恋愛文学。
    2017年10月全国ロードショー。