京阪モール

  • KiKi KYOBASHI
    ショッピング 10:00~21:00
    レストラン 11:00~23:00
    (4Fのみ11:00~23:30)
    ※一部店舗は営業時間が異なります
    フロアガイドをご覧ください
  • KEIHAN MALL

    年中無休

    ショッピング 10:30-21:00
    レストラン 11:00~23:00
    (※一部店舗は営業時間が異なります)
    モール食品館 10:00~20:30
  • Kぶらっと
    店舗により異なりますので
    フロアガイドをご覧ください
閉じる
閉じる

RANKING トレンドランキング

アルバムCD

アルバムCD

2018.11.30 up

売上BEST5

京阪 モール店調べ 集計期間:2018/10/26(金)~11/29(木)

  • NO.1

    西野カナ『Love Collection 2 ~mint~』

    4,000円+税 [ソニー]

    2017年、平成生まれの女性アーティストとして初の東京・大阪2大ドームツアーを敢行、2018年は、デビュー10周年を記念した全国ホールツアー&アリーナツアーを開催するなど、国民的アーティストとして幅広い世代から支持を集める西野カナ。そんな彼女が、約5年ぶりとなるベストアルバムを2タイトル同時発売!本作は、「Darling」ほかヒット曲を多数収録した『mint』。

  • NO.2

    山下智久『UNLEASHED』

    3,700円+税 [ソニー]

    山下智久が、約4年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリース!山下本人が多くの収録曲の作詞作曲に関わっているほか、7曲目"Dancer"の作詞には亀梨和也(KAT-TUN)も参加している。

  • NO.3

    Queen『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』

    2,500円+税 [ユニバーサル]

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』のオリジナル・サウンドトラック盤が登場! タイトル曲の「ボヘミアン・ラプソディ」ほかクイーンの代表曲を収めたベスト盤的な内容は、ロック史に残る不世出のバンドの魅力を分かりやすく伝えてくれる1枚となっている。オリジナルのスタジオ・ヴァージョンだけでなく、映画のシーンをドラマティックに盛り上げるライヴ・ヴァージョンも数多くフィーチャー。1985年7月13日のライヴ・エイドなど初めてオーディオ・フォーマット化された楽曲や、完全未発表となる1979年パリでの「ファット・ボトムド・ガールズ」といった貴重なトラックも収録。

  • NO.4

    Mr.Children『重力と呼吸』

    2,913円+税 [バップ]

    25周年を経ても尚、心の中にロックバンドとしての“叫び” を持ち続けながら、原点に戻って、バンドの中にある音楽に対する情熱、憧れ、愛、衝動に、もう一度4人が必死に立ち向かい渾身のALBUMを完成させた。“力強く生きる音に対する憧れ” と、現状を超え“ロックバンドとして更にスプリントしていくんだという新たなる覚悟”。バンドとしての生き様を刻み込んだ本作は、Mr.Children 史上最も4人の音楽に対する情熱がダイレクトに音として伝わる力強い作品。映画『君の膵臓をたべたい』主題歌「himawari」、フジテレビ系ドラマ『隣の家族は青く見える』主題歌「here comes my love」、テレビ朝日系木曜ドラマ『ハゲタカ』主題歌「SINGLES」に加え、『docomo 25th Anniversary』キャンペーンCM にて当時“未発表曲DEMO”として起用された楽曲の完成型「皮膚呼吸」他を収録。“今、鳴らしたい音、聴いてもらいたい音” を厳選して収録。

  • NO.5

    [ALEXANDROS]『Sleepless in Brooklyn』

    5,800円+税〔ユニバーサル〕

    [ALEXANDROS]、2年ぶり待望のアルバム!木村拓哉さんが主役を演じるPlayStationR4用ソフト『JUDGE EYES:死神の遺言』主題歌「アルペジオ」を始めとする6曲の新曲、映画『BLEACH』主題歌「Mosquito Bite」、東京メトロ『Find my Tokyo.』CMソング「ハナウタ」など話題の楽曲に加え、映画『BLEACH』挿入歌「MILK」はオリジナルバージョンを収録、「SNOW SOUND」「明日、また」も新たにマスタリングされ収録される。

2018.11.30 up

スタッフのオススメ

星野源『POP VIRUS』

星野源『POP VIRUS』

自身初となるオリコン・ウィークリー・アルバム・ランキング1位を獲得するなど大ヒットを記録し、シーンに多大な影響を与えた前作『YELLOW DANCER』から3年。待望のリリースとなる本作は、社会現象と呼ぶべき大ヒットを記録した“恋”、オリコン・ウィークリー・シングル・ランキングで自身初の1位を記録した“Family Song”、さらにNHK連続テレビ小説「半分、青い。」主題歌として話題を呼んだ最新楽曲“アイデア”など、音楽的野心が詰まった作品となっている。